アレルギー性鼻炎、風邪、インフルエンザの見分け方

トップ > 健康のヒント集 > アレルギー性鼻炎、風邪、インフルエンザの見分け方

その症状・・・アレルギー?風邪?インフルエンザ?

症状から見分ける、アレルギー、風邪、インフルエンザ

アレルギー性鼻炎・かぜ・インフルエンザは、症状が似ている場合が ありますが、原因はちがいます。

◆どんな原因?

アレルギー性鼻炎

おもに、アレルギーの症状を引き起こす物質(アレルゲン)を吸い込むことにより発症します。 アレルギー性鼻炎の原因(アレルゲン)

かぜ・インフルエンザ

おもに、ウイルスの感染により発症します。

かぜ:ライノウイルス、アデノウイルス、RSウイルス、 パラインフルエンザウイルス、エンテロウイルス、など

インフルエンザ:インフルエンザウイルス(A,B,C型)

Virus

◆どんな症状?症状の違いは?

  アレルギー性鼻炎・花粉症 かぜ インフルエンザ
全身の痛み(筋肉痛・関節痛) ない。 ほとんどない。 急激に進行し、症状がひどい
ほとんどでない、出ても微熱 微熱が多い(〜38℃) 高熱が多い(38℃以上)
鼻水 透明なさらさらした鼻水がとめどなく出る 初期からひどい、初めはさらさらだが、次第に粘り気が出る 後期からひどくなる
くしゃみ なんども(7~8回)時には数十回続けて出る 出ることが多いが、続いても3〜4回 出ることがある
鼻づまり 症状がひどく、長く続く 症状が数日間続く 症状が出る
のどの症状 痛み・はれはまれだが時にイガイガ感がある 痛み・はれがある 痛み・はれがある、症状がひどい
咳※ 出ることがある 数日間続く 症状がひどく、数日間続く

※ぜんそくでは、いずれの場合もひどくなることがあります。

例外もあります。安易な診断はせず、かかり付けの医療機関に相談しましょう。

◆アレルギー、風邪、インフルエンザはどうやって調べるの?

  アレルギー性鼻炎・花粉症    か  ぜ   インフルエンザ

検査

症状や問診を合わせて診断

・特異lgE抗体検査

血液中の特異lgE抗体の有無を調べます

・皮膚テスト 皮膚に直接アレルゲンを反応させます

主に鼻・のどのぬぐい液からウイルスの有無を調べます。 (アデノウイルスなど) 主に鼻・のどのぬぐい液からウイルスの有無を調べます A/B型の診断が可能

 

◆アレルギー、風邪、インフルエンザはどうやって治すの?

  アレルギー性鼻炎・花粉症 か  ぜ インフルエンザ
 治療

アレルゲンを避け、発症しないようにする

症状が出たら、抗アレルギー薬などで治療する

症状を抑えたり和らげたりする薬で治療する(対症療法) 抗インフルエンザウイルス薬で治療する

 

◆花粉症 そのくしゃみ・・・アレルギーかも?

花粉症は、花粉が原因となって起こるアレルギーの病気です。
初期にはかぜと似た症状(くしゃみ、鼻水、鼻詰まり)がみられます。
簡単な検査(特異lgE抗体検査)で原因を調べることができ、早期に治療することで、症状を抑えたり和らげたりすることができます。花粉の種類や飛ぶ時期を知り、予防や対策に役立てましょう。

花粉が飛ぶ時期お医者様に相談を

ス ギ  11月-4月

ヒノキ  3月−5月

カモガヤ 5月−7月

ヨモギ  8月−10月

ブタクサ 8月−10月

 

◆アレルギー、風邪、インフルエンザの予防のために

手洗い・・・ウイルスや花粉などをこまめに洗い流しましょう。石鹸を使って15秒以上ていねいに洗い、清潔なタオルで水を十分にふき取りましょう。

うがい・・・ウイルスや花粉を洗いながすことができます。こまめに行いましょう。

マスク・・・花粉などアレルゲンの吸入や、ウイルスの飛散を防ぎます。
目的に合ったマスクを選んでしっかりつけましょう。

生活・・・栄養・睡眠を十分にとり、疲れをためないことが大切。 日頃から、適度な運動や規則正しい生活を心がけましょう。

そうじ・・・アレルギーでは、原因アレルゲンを取り除くことが大切。 生活空間をこまめに掃除しましょう。

予防接種・・・インフルエンザでは、ワクチンの予防接種が効果的です。

(資料提供:日本ケミファ株式会社)

杉本クリニックはアレルギー性鼻炎、花粉症のの治療を行っています。 お気軽にご相談下さい。